福山市大門町の通所介護・放課後等デイサービス・居宅介護支援|介護の扉

福山市大門町の通所介護・放課後等デイサービス・居宅介護支援|介護の扉

介護の扉 ブログ
HOME > 介護の扉 ブログ > 介護の扉 ブログ

在宅ケアカフェ


平成30年10月13日(土)は在宅ケアカフェに参加させてもらいました。


さまざまな専門職や地域の皆様を交え、今回のテーマ「もしものための話し合いをしてみませんか?~アドバンス・ケア・プランニング(ACP)について~グループワークを行いました。
ACPとは、それぞれ人生観や思いに基づく人生設計を持って将来の事を考えています。それは、医療についても同じ事が言え、これから受ける医療やケアについて自分の考えを家族や医療者と話し合い「私の心づもり」として文章に残すことで、希望や思いが医療やケアに反映できるための手順をアドバンス・ケア・プランニングと言います。

グループワークをして感じたことは、人の希望や死生観はそれぞれ違い、また年齢や立場によっても大事なものは変化していきます。今自分にとって大事と思わないことが将来には大事ものとなっている可能性や、また逆に今大事と思っていても将来には大事ではない事、どちらも起こり得る事だと思います。

心づもりは必要だが、ご家族などと定期的に話すことや見直す習慣が必要だと感じました。

介護の扉 ブログ