福山市大門町の通所介護・放課後等デイサービス・居宅介護支援|介護の扉

福山市大門町の通所介護・放課後等デイサービス・居宅介護支援|介護の扉

介護の扉 ブログ
HOME > 介護の扉 ブログ > 介護の扉 ブログ

在宅ケアカフェ

11月14日に東部市民センターで行われた「在宅ケアカフェ」に参加してきました。

在宅ケアカフェは、福山在宅ケアチーム(まるやまホームクリニック、市内24時間体制訪問看護ステーション、24時間対応保険調剤薬局の有志グループ)によって、在宅医療のサービスを理解してもらう事や地域住民の皆さんの意見をお聞きする双方向の語らいの場となっています。
今回のテーマは「在宅医療とボランティア」でした。講演会方式ではなくケアカフェとして開催され、医師・地域包括・訪問看護・薬剤師などの専門職のみなさん、民生委員やサロン活動をされている方などの地域住民の方たちと交流を図ることができました。私の参加させてもらったグループにはサロン活動をされている方が多く、サロン活動を熱心にされている話しや地域による違いなど専門職同士では聞けれない話を伺うことができました。介護保険事業と違い、地域の活動や地域住民の受け入れ態勢などは各地域により違いがあり、それは事業所としては把握しにくい情報になります。それぞれの得意分野や課題を知り、顔の見える関係となれる今回のような機会は参加者にとって有益な時間になったに違いありません。専門職としての知識の向上も必要ですが、地域を知ることも同等に重要です。住み慣れた地域で安心して充実した生活を送るためには、介護保険や医療保険だけでは難しいとと思います。
地域と各専門職がチームとなり、生活を支援できるよう努めていきたいと思います。

介護の扉 ブログ